スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株投資JAPAN!


利益をだすためには

どうすればいいか、何が必要か・・・



そんな疑問に答えるためにこのブログをつくりました。


初歩の初歩から上級者向けまで、株について詳しく書いています。



このブログに訪れてくれた人が少しでもためになった、利益を上げられるようになるように願っています。
スポンサーサイト

以上が株の基本です

次のページでは株での利益の出し方についてです。

いよいよ、短期投資の売買手法を教えます

次のページでは短期売買の手法を説明します。

外国株式

海外(外国籍)の企業が発行する株式のこと。

国内の投資家も、原則、外国証券取引所、および国内の金融商品取引所に上場している外国株式に投資をすることができる。

取引をするにあたり、まず証券会社に「外国証券取引口座」の開設をしなくてはならない。

旧株

株式会社が株式分割や増資、合併・株式交換等により、新しく発行する株式のことを新株というのに対して、すでに発行されている株式のこと。

なお、旧株を親株、新株を子株ともいう。

押し目買い

株価が上昇トレンドにあるときに、一時的に調整局面にあるときの買い場のことをいう。


お化粧買い

決算期末において株式の評価額を上げるために、株式の買い注文が入ることをお化粧買いという。

ただし、通常の投資判断に基づく買い注文なのか、人為的意図をもった買い注文なのかを判断することは難しく、現実には、過去の通念でこの用語が使われていることが多い。

オークション銘柄

ジャスダック証券取引所に上場している全銘柄をオークション銘柄とよぶ。

大型株、中型株、小型株

株式を時価総額、流動性を基準として、大型・中型・小型に区分したもの。

東証では、従来、発行済株式数を会社の1単元の株式数で除して算出した単元数の大小で、大型株と中型株と小型株に区分し、東証規模別株価指数を算出していた。しかし、単元換算後の発行済み株式数の規模に応じた区分が、必ずしも、時価総額、流動性などの点で市場実態を反映していないこともあり、海外の主要株価指数を参考に、平成17年に時価総額、流動性の基準により大型株・中型株・小型株と区分することとなった。

上値

現在の株価以上の値段のこと。さらに高い株価のこと。

売り越し

ある特定の売買主体(個人投資家など)が、一定期間内に、買付けた株式(金額)を超える売却を行った状態のこと。

移管

証券会社が、投資家の指示に従い、投資家より保管していた株式などを投資家に返却せずに、他の証券会社に預け替えをすること。

外国株式の場合は、自社のカストディアンより、預け替えする証券会社のカストディアンへ移管される。

安定配当

企業が、株主に支払う1株あたりの配当金、あるいは配当性向を毎期一定額に維持すること。

日本の場合は配当金を、欧米の場合は配当性向が重視される。

トラッキングストック

特定の事業部門の業績にリンクした株式。

例えば高成長が期待できる事業を行っているが本業は低成長である企業が分社化など組織形態を変えることなく、当該事業部門の支配権を維持したまま資金調達を行うケースなどに発行される。一方トラッキングストックを購入する投資家には、同社の当該事業に限定して投資を行う機会を提供する。

普通株式にある配当・議決権・残余財産分配請求権などと異なり、発行ケースにより様々な条件が設定される。基本的にはトラッキングストックとして発行された事業の業績に基づいて配当が支払われ、議決権については、普通株式の議決権を基準として、企業全体の時価総額に占める同事業部門の時価総額の割合に応じて変動させるなどの形がとられる。

日本では、2001年ソニーがインターネット接続サービスなどをおこなうソニーコミュニケーションネットワークを対象にしている例がある。

アーニングサプライズ

企業が、新技術情報や新商品情報、業務提携や決算予想などの経営情報を発表すると、株価は通常なんらかの反応をする。
その情報が、特にこれまで市場では認識されていない情報であれば、株価は大きく反応する。

このように、予想されていなかった情報に対する株価の反応を、「アーニングサプライズ」と呼ぶ。上ぶれた場合はポジティブサプライズ、下ぶれた場合はネガティブサプライズという。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。